ウェルネスダイニング まずい

ウェルネスダイニングのまずい 食べた人の体験レビュー

食事する夫婦

 

一部に「ウェルネスダイニングはまずい」という口コミがありました。

 

しかしそれは、制限なしのフツーのお弁当と比べると味が薄いとか、まずいという意見のよう。

 

そりゃーそうでしょう。

 

ウェルネスダイニングは、美味しさを追求したお弁当ではなく、
厳しい食事制限のなかで、できるだけ美味しくっていうコンセプトで作られたものなんですね。
なので、食事制限しなくていいような人は買う必要なしです。

 

↑ 初回限定送料無料

 

いちおう、苦手なおかずは除外指定できるので、それほど困らないとは思います。

 

ウェルネスダイニングのまずいおかず除去

 

しかし、失敗したくない!というあなたは、「まずい!」って言ってる人の口コミもひと通りチェックしておいてください。

 

 

ウェルネスダイニングのまずい、美味しい口コミは個人でまちまち

「とても美味しい」「まずい」「量がちょうど良い」「少ない」という意見もあり。個人によって印象はバラバラみたいです。
「人による」っていうこと? それだけだと当たり前すぎるので、実際に食べてみた感想を書いておきます。

 

個人的には7食分食べてみて、弁当の種類によって好き嫌いは出るなと思いました。

 

実際に食べてみた感想はこちらにまとめています。
味だけは、実際に食べてみないとなんとも言えませんからね。

 

ウェルネスダイニングのメニューによっても、味の感想は変わる。個人の好みによる

油淋鶏(ユーリンチー)弁当の回はめちゃめちゃ美味しかったけど、ホキの粕漬けの回はピンク色の惣菜がイマイチで肉が食べたいな…と思いました。私は、魚はどちらかというと苦手です。

 

特に、チンした魚って、冷凍臭と生臭さが入り混じって、心の底から苦手なんですよね。

 

ウェルネスダイニングは、そのへん上手く処理してあるみたいで、食べられないほどの臭みを感じることはありませんでした。
魚嫌いにも耐えられる、無難な味付けだと思いました。

 

「まずいってことはないが、めちゃめちゃ美味しいとも思えない。食べられないほど魚臭くはないけど、なんだかなぁ!」とも思います。
ただし、連日魚系のおかずが続いたら、テンション下がる!

 

まずい、というより、嫌いというか好きじゃないというか。

 

コンビニの鯖入り弁当などは、チンすると「においが臭い」と思ってしまう私ですが、ウェルネスダイニングのメニューでは、鯖やイワシなど匂いが強い魚は使ってないようで平気でした。白身魚が多いように思えます。

 

うlルネスダイニングは制限食としては味、量ともに合格ライン

トータル的に見ると、「味、量ともに一応合格ライン。目的はカロリー・塩分制限なのでこれでいいか」という感じです。

 

ウェルネスダイニングは、宅配食サービスとしては珍しく、食べられない食材はメニューから除外できます。

 

ただでさえ、制限食で食べたいものも食べられないのに、貴重な一食を嫌いなおかずで潰すなんて耐えられない!

 

アレルギーや、嫌いで食べられないおかずは、食べられない食材はメニューから除外すれば届きません。
これ、他の宅配弁当では対応してるところが、ほとんどないんですよね。

 

名前などを入力する欄の一番下に「備考欄」があります。ここに除外して欲しいメニューを記入しましょう。

 

備考欄

 

例えば、鯖が苦手でかゆみが出るなどNG食材がわかっている場合には「鯖を除外願います」などと書けばOKです。

ウェルネスダイニングはまずい? / 良い評判 味は制限食にしては出汁や香辛料使いで美味しくできてる

和食

 

ウェルネスダイニングの公式には「美味しすぎてびっくりしました」というのがありましたが、さすがにそれはステマ感があります。

 

「どっひゃー!こ、こんなの食べたことないよ!がくがくぶるぶる」みたいな感動は、私にはありませんでした。

 

しかし…「普通に美味しいな」とは思いました。
調理のしかたが上手なの?

 

塩分制限をすると、昔の病院食みたいに味が薄くて美味しくない食事になりがちなところ…
ウェルネスダイニングは塩に頼らず、出汁(だし)や香辛料で工夫して味をつけているんですね。

 

ウェルネスダイニングは香辛料や出汁で味付けを工夫 電子レンジ調理にしては冷凍臭もなし

人間の舌は、塩味をもっとも敏感に感じるため、少しの減塩でも味の変化に気づきやすいんです。
参考)おだしを活用した減塩テクニック | まいにち、おだし。

 

そのため、減塩料理は物足りなくて続かないと言われるんですね。

 

出汁には、旨味成分と90種類以上のニオイ成分が含まれていて、香りと旨味で味を補えます。

 

かつお出汁、煮干し出汁にはイノシン酸、昆布出汁にはグルタミン酸、干ししいたけ出汁にはグアニル酸という旨味成分が含まれているんですね。

 

さらに、かつおだしを使う場合には、塩分量を少なくした方が美味しく感じる傾向ありという結果も出ています。

 

冷凍レンチンにしては、冷凍臭もないし、けっこうイケるなというレベルでした。フライパン加熱や湯煎をしなくて良いのは楽。

 

ただし一度、出しっぱなしにしていた弁当が常温解凍されてしまったことがありました。そこから冷凍庫に入れて再冷凍してから食べた時は、特に野菜がまずくなっていましたね。野菜の細胞が家庭用冷凍庫の低速冷凍でぶっ壊れてしまったんだと思います。

 

冷凍食品全般にも言えることですが、ウェルネスダイニングの惣菜を解凍後に再冷凍しちゃダメ!って思いました。

 

ウェルネスダイニングのマヨネーズ系おかずの味は満足、量は少ない口コミ「エビマヨネーズ、豚肉のマヨネーズ炒め」

調味料・マヨネーズを使った貴重なメニュー。

 

「エビのマヨネーズソース」は、揚げたエビにマヨネーズを絡ませたプリプリ食感のおかず。
主菜にしては量が少ない感がありましたが、味はばっちり満足。

 

「豚肉のマヨネーズ炒め」は、マヨネーズと胡椒で炒めたおかずですが、豚肉の量が少ない点に不満の声があがっていました。たしかに、ほとんどが野菜なので、豚肉を期待していたのに!という感じがします。

 

ウェルネスダイニングのカレー系おかずの味が濃くて美味しい口コミ「野菜と豚肉のカレー炒め、サバのカレー風味揚げ、タンドリーチキン」

味付けにカレーを使った貴重なおかず。

 

「野菜と豚肉のカレー炒め」は、全体的にボリューム少なめな点に不満の声が上がっていました。しかし、カレー系の味付けは人気で、「味が濃くて美味しい」という声も。しっかり味が感じられるカレーって素晴らしい。

 

「サバのカレー風味揚げ」はカレーの味付けでサバの生臭さを消したおかず。竜田風味に揚げたサバにカレーソースが染み込んで上品なおかずに仕上がっていました。ただ、量は少なめですね。

 

「タンドリーチキン」はカレーの味がしっかり鶏肉についていて、お肉が柔らかい。秀逸なおかずですが、もうちょっと量が欲しいというのが本音ですね。

 

カレー系は外れないという感じで、味に関する悪い口コミはほぼありませんでした。

ウェルネスダイニングの、あんかけ系おかずの味は満足、肉みたいという口コミ「カレイのきのこあんかけ、大根そぼろあんかけ」

和風ソースとも言える「あんかけ」系のおかず。
とろみがつくと、味を濃く感じるらしいので、制限食としては定番っぽいですね。

 

「カレイのきのこあんかけ」は優しい味というか、さっぱり風味。量的にはきのこでかさ増ししていることもあってか、十分に感じました。

 

「大根そぼろあんかけ」は、そぼろあんと大根の相性が抜群。カロリー的には極小とも思えるおかずですが、満足感があるんですよね。大根を仮想肉のように味わえるというか。

 

基本野菜料理なのに、肉料理を食べている気になれますね。

ウェルネスダイニングはまずいという口コミ / ボリューム少ない、満腹にならない、薄味など

食事に満足できない女性

 

量が少ないというのは、人によるのかなと思いました。

 

10品ついてても、「少ない」っていう人は言うだろうし。

 

ウェルネスダイニングの量が少ない口コミ「配送料金700円で、高いし何よりもおかずの量がめちゃすくない!ふざけるな‼️

ウェルネスダイニングがまずい、というコメント
グーグル・マップの「ウェルネスダイニング」のクチコミの一つ
1件、めちゃめちゃ怒ってる口コミありました。うわぁ、どうしたんだろう…。

 

何と比較したのかが書いてあったら良かったんですけどね。

 

私個人としては、3品ついてて1食685円なら、「まあ、こんなもんかな」という印象でした。
特に少ないとも思いませんが、「たくさん入っているな」とも思わないという感じです。

 

そりゃもちろん、安くて大量に入ってたほうが嬉しいですけど…。カロリーや塩分を制限するための食事なので、カロリー計算のための手間賃が含まれてて、量も少なめなのは、そういうもんじゃないかなと。

 

ウェルネスダイニングの豚肉とキャベツの味噌炒めが少ないという口コミ「副菜はともかく、主菜の量が少ない…」

カロリーの関係か、タンパク質の関係か、豚肉などのお肉系のおかずが少ないという意見がありました。
制限食なのである程度はしょうがないのですが、特に男性からは「もうちょっとお肉食べたい…」という声が出ているようです。
野菜などを使った副菜の量は申し分ないんですけどね。

 

ウェルネスダイニングの味に関する口コミ「まずいわけじゃないけど、一般の宅配弁当に比べると味は薄め

制限食なので、塩分が控えめになっています。当然、味は薄め。
「食べてみたら病院食みたいだった!」というクチコミもあり、まあそうだよなぁという感じ。
「病院食にしてはマシな味」というのが個人的な印象です。

 

一般の弁当屋の味とかと比べると、味がうすいのは間違いないです。

 

ウェルネスダイニングは、ワタミ、ニチレイ、ナッシュ、食宅便と比較してまずい?

ウェルネスダイニングは、ネットで買える宅配食と比較されることが多いです。
別の弁当の方が美味しいという声も多々あります。

 

「制限食」という点に、それほど重点を置いてない場合は、別の弁当を検討してみても良いでしょう。

 

個人的には、ガッツリ長期利用する場合はウェルネスダイニングが一番コスパが良いと思っています。

 

宅配弁当 PRICE 備考
ウェルネスダイニング 1食 675円~754円

7食、14食、21食セット

 

送料700円
定期コース利用で350円(個数制限なし)

カロリー制限、塩分制限、糖質制限、タンパク質制限に対応。

21食分定期購入で最安

ワタミの宅食 1食 490円~680円

5食セット

 

宅配料コミ

軽めのカロリー制限のみ。冷蔵弁当。手渡し宅配。
ニチレイ 1食 756円~864円

1食単品と、5食、7食セットあり

 

送料800円
5,000円以上で送料無料

たんぱく質調整食あり

単品購入できて試しやすい

ナッシュ 1食 625円~711円

6食、8食、10食セット

 

送料760円~2,270円(個数、地域で変動)

低糖質、低塩分

送料がネック

食宅便 1食 560~620円

7食セット

 

送料780円
定期利用で390円

カロリー制限、塩分制限、たんぱく制限に対応

7食の定期利用で最安

 

ウェルネスダイニングは、醤油やソースなどの調味料が使えない(管理栄養士による制限食のため)ため、味が薄いという不満が出やすい。

一般のお弁当には、ソースや醤油などの調味料がついていて、個人の味覚に合わせて味を調整できます。
どうしてもってときは、自宅の調味料を独自に使って味を整えたりできますよね。

 

しかし、管理栄養士にしっかり栄養計算されたおかずに調味料を勝手に足すと、制限食じゃなくなってしまいます。

 

自分好みの味の濃さに出来ないという点が、不満につながるのでしょうね。

 

ボリューム優先なら、ウェルネスダイニングより銀座萌黄亭の冷凍おかず。ただし、管理栄養士監修の制限食ではない

もし、量・ボリューム優先で冷凍弁当を選ぶとしたらコレ。

 

銀座萌黄亭の冷凍おかず
銀座萌黄亭の冷凍おかずです。

 

メインにカツやオムレツ、魚などが入って、7食4,452円(1食 636円)です。
カロリー計算や、塩分などの制限は何もされていませんが、満足できそうな量。

 

「オレは制限食は要らない。ボリュームのある冷凍弁当が欲しいだけなんだ」という人は、こちらを検討すると良いと思います。

 

【銀座萌黄亭 自然解凍で食べれる!冷凍おかず弁当 7個セットA 】◆お中元 両 親 のし ギフト 対応 可◆ お弁当 冷凍食品 和洋中 電子レンジ 宅配食 送料無料 おかず 惣菜 一人暮らし

新品価格

¥4,452から
(2020/8/1 17:27時点)

 

ウェルネスダイニングがまずいという噂 まとめ

  • 「まずい」とか「口に合わない」という口コミは人それぞれだが、味が薄めなのは事実
  • ウェルネスダイニングはあくまで制限食としては「美味しくなる工夫」がされている
  • 食べられないほど苦手なおかずは、除外指定が可能

 

関連記事)ウェルネスダイニングの口コミ

page top