冷凍弁当 宅配ランキング

冷凍弁当ランキング

ヨシケイ シンプルミール

1食350円~
送料無料

 

弁当の値段最安、送料も無料の冷凍弁当。初回はなんと、1食約170円。
宅配可能エリアにムラがある点だけ注意。
お届け先住所に宅配可能かどうかは、公式サイトでチェックできます。

 



ヨシケイの冷凍弁当(シンプル・ミール)

 

実際にヨシケイのシンプルミール(当時の名称は楽々味彩=らくらくあじさい)を食べてみた体験談はこちら。
関連ページ)ヨシケイ 冷凍弁当の口コミ 注文してみた宅配弁当

 

ウェルネスダイニング

1食614円~
送料350円(定期便の場合)
ヘルシーな健康応援弁当のほか、食事療養のための制限食を揃えている冷凍弁当。
定期便で1回の送料が350円と、クール便にしてはかなり安くなります。

 

↑ 初回限定送料無料

 

ウェルネスダイニングの健康応援弁当を食べてみた記録はこちら。
関連ページ)ウェルネスダイニングの口コミ

 

nosh

1食568円~
送料980円(関東の場合)
ヘルシー基準の冷凍弁当やスイーツを揃えているショップ。
弁当は比較的安いのですが、送料が普通に高い点が惜しい。初回クーポン配布中。

 

わんまいる

1食852円
送料850円(本州の場合)
手作り感を重視した、湯せんで戻す方式の冷凍おかず。
値段、送料が高いが、有名シェフが監修に入り、見た目も味もトップクラス。

 



わんまいる公式サイト

 

実際に、わんまいるの手作り感あるおかずを食べた記録はこちら。
関連)わんまいるの口コミ

冷凍弁当の比較

冷凍弁当の宅配は、弁当の値段も宅配料もまちまち。
購入単位も7食だったり、5食だったりでバラバラなんですね。

 

弁当一個あたりの値段で比較してみました。

 

サービス名 7個の値段+定期便送料 備考
ワタミの宅食 5,000円(4,200円+送料800円) 1食あたり600円(7食で4,200円)
ウェルネスダイニング 4,850円(4,500円+送料350円) 1食あたり642円(7食で4,500円)
nosh 5,464円(4,529円+送料935円) 1食あたり674円(6食で6,471円)
スギサポデリ 5,679円(4,762円+送料917円) 1食あたり680円(7食で4,762円)
わんまいる 6,094円(5,159円+送料935円) 1食あたり737円(5食で3,686円)

 

一食あたりの値段が一番安いのは、ワタミの宅食でした。

 

2番めは、塩分制限や糖質制限などの食事制限に特化したウェルネスダイニング。

 

3番目は、糖質制限弁当があるnoshです。

 

冷凍弁当の配達

冷凍弁当は長期保存できて便利ですが、クール便での配達になるため送料が高いというデメリットがあります。
リピートする場合は、送料が気になるんですよね。

 

冷凍弁当を、配達の送料で比較してみました。

 

サービス名 宅配料 備考
ウェルネスダイニング 350円 定期コース利用時。個数制限なし。
ワタミの宅食 880円 全国一律
わんまいる 935円 全国一律
スギサポdeli 917円 全国一律
nosh 968円 関東の場合。地域により変動。

 

1番送料が安いのはウェルネスダイニング。定期コース設定にすることで、送料が通常700円が半額の350円になります。
ここのショップがダントツで送料が安い。

 

関連)ウェルネスダイニングの口コミ

 

2番目に送料が安いのはワタミの宅食。
全国一律で880円です。

 

3番めは、わんまいるで935円。1回あたり935円となると、けっこう大きいですね。
このショップは、一度に注文する量に上限がないので、まとめて買うほど送料がお得になるというメリットがあります。

 

関連)わんまいるの口コミ

冷凍弁当はおいしい?

冷凍弁当で美味しいものは、「栄養制限されていない弁当」です。
ワタミやヨシケイのシンプルミールは、特に栄養制限がされていないので味が濃くて美味しいんですね。

 

特に栄養制限が不要で、美味しい冷凍弁当を選びたいというあなたは、糖質制限や塩分制限などの表示がないものを選びましょう。

 

さらに味にこだわるなら、温め方が「湯せん」(湯で温める)方式のものを選びましょう。
電子レンジはお手軽に短時間で中心部まであたたまるのですが、加熱ムラが起きやすく食材の水分が外に出やすいです。
おかずの種類によっては、表面がベチョッとなったり、中心部がスカスカになるケースがあります。

 

冷凍弁当(おかず)の中で、湯せん対応しているのは「わんまいる」です。
温めの手間がかかるのですが、味は手作り料理そのものです。

 

関連)わんまいる 口コミ

冷凍弁当の量

冷凍弁当で、ガッツリ量が入ってて、成人男性でも満足できるボリュームのものってないでしょうか?
探してみましたが、冷凍弁当で「ドカ弁」的なサイズ感のものは見当たりませんでした。

 

おそらく大きすぎると、電子レンジで全体を解凍するのに時間がかかって、ベチョベチョになってしまうという理由だと思います。

 

また、塩分制限や糖質制限の冷凍弁当は、もともと栄養を制限するのが目的なので、コンビニ弁当などに比べるとおかずは少なめです。

 

冷凍弁当のバランスはどう?

冷凍食品といえば、添加物だらけで身体に悪いというイメージですが、
ウェルネスダイニングの弁当など、添加物をできるだけ排除して栄養バランスも管理栄養士が計算しているような弁当もあります。

 

関連)ウェルネスダイニングの口コミ

 

このような弁当なら、週に何度も食べたとしても、体調を崩すようなことはないでしょう。

 

栄養バランスを考えるなら、「糖質制限」「塩分制限」の表示がある冷凍弁当を選ぶと良いでしょう。

人気の宅配冷凍弁当

冷凍弁当の会社

冷凍弁当を販売している、有名どころの会社を調べてみました。

サービス名 会社名 業務内容
ウェルネスダイニング ウェルネスダイニング株式会社 宅配食の販売
シンプルミール ヨシケイ開発株式会社 夕食材料の配達
わんまいる 株式会社ファミリーネットワークシステムズ

冷凍ミールキット、冷凍惣菜の開発
カタログ宅配
ネット通販
スーパー・百貨店・通販会社への卸事業

ナッシュ ナッシュ株式会社 noshの製造・販売
スギサポdeli 株式会社スギ薬局 地域連携・地域密着型ドラッグストアの運営
食宅便 日清医療食品 給食の受託業務、医療用食品の販売・医療機関、福祉施設の経営コンサルタントほか

 

冷凍弁当で健康に良いものはある?

冷凍弁当で健康に良い物を選ぶなら、添加物が少ないものを選びましょう。

 

冷凍弁当は、冷凍食品の一種。冷凍食品には少なくない量の食品添加物が使用されています。
国の食品安全委員会で安全性が評価された上で、国から認可されているとは言え、健康に気を配るなら添加物が少ないものを選びたいですね。

 

例えば、わんまいるは無添加の冷凍おかずです。
ウェルネスダイニングは、「調理段階で無添加」と明記しています。原材料の一部には、添加物使用していますが、冷凍食品特有の発色剤や栄養強化剤、甘味料などは使っていないんですね。

 

健康に気をつけて冷凍弁当を選ぶなら、「無添加」あるいは「調理段階で無添加」とされているものを選ぶと良いでしょう。

 

冷凍弁当のお試し

各社の冷凍弁当は、初回のみ送料割引や価格が割引されているものがほとんどです。
実際に食べてみないと、好みの味か、量はちょうどよいかなどがわかりませんからね。

 

なお、お試しはお得な価格設定になっているものの、購入は一回だけとしているところが多いです。

 

数ある冷凍弁当で、お試しに一番オトク感があるのがヨシケイのシンプルミール。
初回は半額で、1食170円です。
いまのところ、冷凍弁当のお試しではダントツに安いです。

 

冷凍弁当の定期便

各社の冷凍弁当には、定期便が用意されていることが多いです。
毎回注文しなくても、一定期間ごとに自動で配達してくれるんでsね。

 

単に注文忘れを防ぐだけではなく、定期便にすることで送料優遇などの特典がついていることがあります。

 

例えば、ウェルネスダイニングは冷凍弁当のクール便料金が、定期便にすると安くなります。
通常送料700円のところ、定期便使用で350円。定期便解約もいつでもできるようになっています。

 

クール便だと、宅配便では一番小さいサイズでも1回1,000円はかかります。
それを350円にまで下げているのはウェルネスダイニングくらいです。
他社は真似できていないので、何か企業秘密的なものがあるのかも知れません。

 

 

page top