コープデリ パルシステム 比較

コープデリとパルシステムを比較

関東の生協宅配サービス、コープデリとパルシステムの違いを比較。

 

コープデリVSパルシステム

 

どちらも生協なの?と疑問に感じる人も多いですよね。
私も、「生協は名前が違うのがいろいろあって、ワケがわからないなー」って思っていました。

 

項目 コープデリ パルシステム
組合員数 355万人 170万人
店舗数 都内100店舗以上 千葉に1店舗のみ
品数 5,000点以上 2,000点以上
値段の安さ 品揃えが多いぶん安い品もあり 品質基準の高さゆえ値段も高い
宅配地域 東京、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、長野、新潟 東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、栃木、群馬、新潟、福島、山梨、静岡
宅配料金 赤ちゃん割で0円

赤ちゃん割で無料~割引
(地域差有り)

安全性 政府基準どおり 政府基準の1~10倍厳しい
クレジットカード 使えない 使える
ポイントたまる たまる たまらない
総合評価 ★★★★★ ★★★★☆

 

コープデリとパルシステムとでは、資料請求時にもらえるプレゼントが違います。
資料請求の特典

 

無料で人気商品を一品

 

無料で粗品のキッチングッズ

 

 

長期的に使うなら、トータルで値段が安いコープデリを。
品質にこだわりたいなら、パルシステムを検討するのが良いでしょう。

 

ほとんどの人がこの2つのどちらかを選んでいます。2つの違いを見て行きましょう。

コープデリとパルシステムの比較/違い

コープデリとパルシステムは、どちらも生協?

 

コープデリも、パルシステムも同じ生協です。
両方に共通するメリットから見て行きましょう。

 

  • 車がなくても買い出しが楽! (安い値段で食材を宅配)
  • カタログ見て注文する暇がなくてもOK! 毎週自動で定番商品注文可
  • 共働きで留守でもOK! 保冷剤入り宅配ボックスで、玄関に「留め置き」

 

生協の宅配の特徴は、一般の食材宅配と比べて送料が極端に安い点。
自前の配送トラックを使っていて、「生活協同組合」(生協)という形態が、税金の優遇を受けているのが理由です。
留守時に、玄関先に食材を置いてくれる「留め置き」にも対応。

 

ネットの口コミを見て、コープデリは値段が安くて品数豊富、パルシステムは厳選食材で品質重視ということがわかっていました。

 

 

実際に使って比較してみました。

 

コープデリとパルシステムの生協のメリット 利便性や安全性へのこだわりの相違点

コープデリとパルシステムの違い

 

コープデリは、組合員の利便性を追求している生協。
フツーのスーパーマーケットのように気軽に利用できるんですね。
昔ながらの生協のように、組合員間でガッチガチのコミュニケーションを求められることはありません。
生協店舗では、組合員以外も買い物ができるので、お手軽に生協商品のお試しができるのもポイント。

 

取り扱い品数が多く、セールも数多くやっているので、以下の様なメリットがあげられます。

 

  • 値段の安さ
  • 店舗の多さ
  • 品数の多さ

 

パルシステムは、利便性と、「安全・高品質の追求」を両立している生協。
ただし、店舗がないなど、利便性ではコープデリにかなわない点も多いです。宅配に絞ってで市販品にないクォリティの食材を揃えています。

 

以下の様なメリットがあげられます。

  • 安全性の高さ
  • 食材の品質基準が高い

 

コープデリとパルシステムの特徴

コープデリは品揃えの豊富さや値段の安さなどの利便性。
パルシステムは、添加物への配慮など品質へのこだわり。

 

コープデリ
★★★★

パルシステム
★★★

コープデリ 価格
スーパーなみに安い

パルシステム 価格
ややお高い

 

品揃え数だけでなく、内容に違いがあります。

 

  • コープデリは5,000点以上の商品あり。CO-OPブランド品に市販品もかなりの数扱っている
  • パルシステムは2,000点以上。パルシステムPB品にCO-OPブランド品、市販品を扱っている
  • パルシステムで扱っているCO-OPブランド品は、かなり少ない

 

それぞれのカタログ記載の商品を、色分けしてみました。

 

コープデリ カタログ商品
▲コープデリのカタログ「ハピ・デリ」より抜粋

 

コープデリの商品数は多いのですが、コープデリシェという組合員の口コミサイトがあり、正直なコメントをチェックできるようになっています。

 

パルシステム カタログ商品
▲パルシステムのカタログ「コトコト」より抜粋

 

パルシステムでは、だいどころぐというレシピサイトが公開されていて、献立を選んで必要な食材を注文できるようになっています。レシピ検索に「ぷれーんぺいじ」(アレルギー配慮品カタログ)を選ぶと、アレルギー配慮レシピだけを検索できます。

 

CO-OPブランドは、生協ならどこでも扱える商品です。だけど、パルシステムで扱うCO-OP品は極端に少ない。
品質重視なら、パルシステムのPB品に絶対の自信あり、ということかも知れません。
逆にCO-OP品狙いなら、コープデリ一択でしょう。

 

また、赤ちゃん向け、幼児向けの食材で両者に差があります。

 

コープデリ パルシステム 子育て比較

 

  • コープデリは、離乳食の豊富さと赤ちゃん割引の手厚さで有利。
  • パルシステムは、幼児食の豊富さと、アレルギー対応で有利。

 

離乳食ならコープデリ、1歳半以降の幼児にはパルシステムが良いでしょう。母乳に気を使うため、化学調味料不使用のパルシステムを選ぶかたも居ます。

 

赤ちゃん割引は、わかりやすさ&割引額ともにコープデリが優勢です。

 

コープデリ パルシステム 赤ちゃん割引比較

 

商品の安全性については、パルシステムが力を入れています。
その一つが、安全基準。

 

 

コープデリ
★★★

パルシステム
★★★★★

コープデリ 安全基準
政府基準に沿った検査

パルシステム 安全基準
政府基準の1~10倍厳しい

 

パルシステムのコアフード牛肉では、家畜の飼料(エサ)を含めて、遺伝子組み換え飼料0%を実現しています。
コアフードマークは、パルシステムのトップブランドです。

 

鶏肉には、全飼育期間通して抗生物質なしで育てられた鶏を使用。魚の放射能検査は、魚種ごとにおこなっています。

 

全体的に、コープデリは子供が喜ぶ商品が充実、パルシステムは大人好みの商品が充実している雰囲気。

コープデリとパルシステムの強み・コープデリの強みは品揃えの豊富さ 折り込みチラシや街中で店を見かける。資料請求のプレゼントはしょぼい。

コープデリ

 

コープデリの食材

 

食材の品数、種類が豊富。
離乳食時期に使わないなんて、もったいない

 

ダメ押しに赤ちゃん割で送料までタダ。
だけど、減塩、薄味の幼児食が弱い。

 

生協デビューのママさんは、だいたいこっち選ぶ。
加入者355万
人の日本一巨大な生協です。

 

コープデリのチラシ
▲コープデリの折込チラシ

 

新聞の折込広告でも見かけるし、街中で「コープのお店」があるなど、知名度も抜群のコープデリ。

 

資料請求でもらえる粗品が、ややショボいのは、残念ポイント。

\粗品キッチングッズもらえる/
コープデリ 資料請求

 

コープデリとパルシステムの強み・パルシステムの強みは時短用の冷凍食品や添加物に気遣い。

パルシステム

 

パルシステムの食材

 

塩分・調味料ひかえめの幼児食が豊富。
パルシステムには、アレルギー配慮食の専用カタログや、アレルギー相談ダイアルあり。

 

だけど、「なんで?」ってくらい離乳食の品揃えが悪い。

 

離乳食が必要な時期にパルシステムを選ぶと、とても苦労します。

 

その代わり、冷凍食品の添加物が少ないので、育ち盛りの子供に気兼ねなく食べさせられるのは良いと思いました。

 

パルシステムは関東圏で2番目の巨大生協です。(170万人加入)

 

資料請求で、唾液が止まらないソーセージもらえる。(品切れ時は、他の品の場合も…)

パルシステム資料請求

 

結論
離乳食の時短を重要視するママは、コープデリ一択。

 

関連 コープデリの離乳食

 

子どもの肥満防止のために、薄味の幼児食が必要なら、パルシステムがオススメです。
(コープデリを休止して使うのも有り)

 

2生協の違いを詳しく知りたいあなたは、続きをチェックしてみてください。

 

コープデリとパルシステムの強み・人気度(組合員数=利用者数)は、コープデリが圧倒的

コープデリ
★★★★★

パルシステム
★★★★

コープデリ 組合員数
355万

パルシステム 組合員数

170万

 

コープデリの組合員数は、加入世帯が生協ナンバーワン。
組合員数(利用者数)は、2倍以上の差をつけてコープデリが多いです。

 

より加入者が多い方が人気がある…とすると、人気はコープデリのほうがあります。

 

コープデリ連合会の組合員数は、7生協の合計総数です。(コープデリ連合会案内より2019年調べ)

 

パルシステムの組合員数は、パルシステム連合会12生協の組合員総数です。(旧エルコープや、旧東京マイコープなど名称がパルシステムに変わった生協もあり)

コープデリとパルシステムの会社の違い

コープデリもパルシステムも、本体は「生協(消費生活共同組合)」という組織。
しかし、PB品の製造などは子会社がおこなっているんですね。

 

コープデリの子会社は以下の通り。
食材以外に、チケット販売や不動産、労働派遣などの子会社があります。お酒を専門に扱う子会社もあり。電力会社はなく、日本生協連の電力子会社・株式会社地球クラブの電気の取次になっています。

会社名 事業内容
株式会社コープデリ保険センター

1.生命保険の募集に関する業務
2.損害保険代理業務
3.前各号に附帯関連する一切の業務

株式会社コープサービス

1.各種チケット販売
2.くらしのサービス(ふとん丸洗い・打ち直し、引越し等)の斡旋
3.ハウジング(新築・リフォーム)の元請および斡旋
4.葬祭事業全般(葬儀・墓石・仏壇・返礼品等)の元請及び斡旋
5.各会員生協職員の出張手配(JR券・宿泊等)請負など

株式会社コープデリフーズ 畜産物・惣菜の加工、処理並びに販売
協栄流通株式会社

1.コープデリ連合会の店舗物流庫内作業受託および輸配送
2.コープデリ連合会の宅配物流集品作業受託および輸配送

株式会社協同開発

1.不動産の売買、賃貸借、管理及び仲介に関する業務
2.宅地造成、建物の設計、管理及び施工に関する業務
3.前記各号に付帯及び関連する一切の業務

株式会社コープワーキングサポート

1.労働者派遣事業法にもとづく労働者派遣事業
2.緑地管理、清掃の請負事業
3.コープデリグループの本部事業、店舗業務、共同購入業務、物流・生産業務の請負などの事業
4.前各号に付帯及び関連する一切の業務

コープデリ酒類販売株式会社

1.酒類及び食品の総合卸売業及び販売
2.酒類及び食品の製造及び販売
3.酒類及び食品の輸入及び販売
4.酒類及び食品その他の商品企画・開発・育成コンサルティング
5.上記に付帯する一切の業務

株式会社トラストシップ 1.貨物自動車運送事業法にもとづく各事業(一般貨物自動車運送事業、貨物軽自動車運送事業、貨物自動車利用運送事業)
株式会社コープミート千葉

1.畜産水産物の加工および販売
2.弁当、惣菜等調理用品の製造および販売

参考)コープデリ連合会の子会社

 

パルシステムの子会社は以下の通り。
肉、農産物、パン、などの食材系に輸入や関連業務など。電力関連のパルシステム専用子会社もあります。

 

会社名 事業内容
パル・ミート 牛・豚等精肉加工、ハム・ソーセージ等加工食品製造及び加工
ジーピーエス 農産物・米の仕入、企画、販売、物流業務及び農産品の加工
パルライン 会員生協の配送業務及び個人別商品仕分け業務、商品案内・注文用紙等の印刷、帳合業務
パルブレッド パン及び菓子の製造
パルシステム・リレーションズ 広報制作・企画立案及び通信販売業務、情報提供サービス業務、情報システム等の企画、設計、販売、保守業務
パルシステム電力 電気事業、古紙等のリサイクル事業、低公害・再生可能エネルギー等の研究開発及び販売事業、省エネルギー製品の販売、肥料飼料の開発及び販売、事務用品等環境推奨商品の販売
パルシステム発電 発電事業、再生可能エネルギー等の研究開発及び販売事業等
オルター・トレード・ジャパン 食料品及び日用雑貨品の輸出入と販売他
パルふれあいサービス 保険代理業

参考)パルシステムの子会社・協力団体

 

コープデリとパルシステムの配達を比較

コープデリとパルシステムの配達エリアの違い

コープデリ
★★★★

パルシステム
★★★★★

コープデリ 宅配エリア

 

コープデリ 配達エリアの地図
東京、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬、長野、新潟

パルシステム 宅配エリア

 

パルシステム 配達エリアの地図
東京、埼玉、千葉、神奈川(ゆめコープ)、茨城、栃木、群馬、新潟、福島、山梨、静岡

 

コープデリもパルシステムも個人宅配に対応。
2人または3人で班を作って受け取ると、宅配手数料が割引されます。

 

コープデリとパルシステムの配達エリアの地図

 

コープデリとパルシステムの宅配地域・コープデリは、加盟生協6団体・1都7県

組合員数は、コープデリ355万人、パルシステム355万人で、コープデリが圧倒的。

 

コープデリの加盟生協:コープみらい、いばらきコープ、とちぎコープ、コープぐんま、コープながの、コープにいがた、コープクルコ。

 

宅配地域は一部差異があるものの、ほぼ互角。

 

規模で総合的に評価すれば、コープデリが勝ち!

 

コープデリの店舗数は、都内100店舗以上 スーパーマーケット型巨大店舗もあり。首都圏での店舗数は、コープデリが圧倒的です。
参考)東京の生協宅配比較

 

スーパーマーケットタイプの大型店舗、コンビニ程度の広さのミニコープあり。コープみらい、いばらきコープ、とちぎコープ、コープながのでは、移動店舗もあります。埼玉県エリア限定で、注文した日に食材が届く「コープのねすぱ」(ネットスーパーに近い形態)のサービスもあり。

コープデリとパルシステムの宅配地域・パルシステムは、加盟生協9団体・1都10県

一方、パルシステムの店舗数は千葉に1店舗のみ。
パルシステムは、基本的に無店舗型。千葉県野田市のみ店舗あります。

 

パルシステムの加盟生協:パルシステム東京、パルシステム神奈川、パルシステム千葉、パルシステム埼玉、パルシステム茨城 栃木、パルシステム山梨、パルシステム群馬、パルシステム福島、パルシステム静岡、パルシステム新潟ときめき

 

のだ中根店は、70台分の駐車場があるスーパーマーケット型の店舗。千葉県野田市と協働事業で移動販売車の運行も行っています。

 

コープデリ、パルシステムの配送方法には、個別配送とグループ配送あり

コープデリ、パルシステムともに、配達方法には個配とグループ配達があります。
個配は個別配達の略で、一軒一軒別々に配達するスタンダードな方法。

 

グループ配達は、近所の利用者で班を作って代表者が受け取る形態。
グループ配達を選ぶと、送料が無料になります。

 

しかし、現代ではトラブルや煩わしさから、多くの組合員が個配を選ぶのだそうです。

コープデリとパルシステムの野菜を比較

一般的な野菜宅配サービスと違い、コープデリやパルシステムの野菜宅配は、宅配料金が激安。

 

それでいて、有機野菜、減農薬・現化学肥料野菜などが選べるんですね。
野菜の産地指定も可能です。

 

項目 コープデリ パルシステム
有機野菜 ◎専用カタログVie Natureあり ◎コアフード
野菜の値段 ◎スーパープライス設定あり ○グリーンボックス(詰め合わせ)
栽培基準 ○有機野菜、JAの野菜 ◎有機野菜、減農薬・現化学肥料野菜
野菜の品揃え ◎全国農協から供給、ほぼ国産 ○契約農家の国産産直のみ
産地指定 ◎選べる ◎選べる
冷凍野菜 ◎COOP品 19種 ○パルシステム独自 国産野菜7種

コープデリは、野菜の値段や品揃えなど利便性の面で強いのが特徴。
一方パルシステムは、農薬や化学肥料などの栽培基準や、契約農家のみの産直野菜のこだわりが強みです。

 

コープデリとパルシステムの野菜/コープデリは全国の農協と連携し、野菜の供給が安定

コープデリ
★★★★★

パルシステム
★★★★★

コープデリ野菜
国産野菜中心
全国の農協(JA)から安定供給
有機栽培野菜の専用カタログ「ヴィ・ナチュール」
特売の「スーパープライス品」の野菜あり

パルシステム野菜
コアフード 野菜
「有機農作物」「農薬・除草剤・化学肥料減」がカタログでわかる
エコ・チャレンジ
国産産直野菜のみ
国産の冷凍野菜

 

野菜の品揃えはコープデリが多く、栽培基準で選べる幅はパルシステムが多いという感じ。
値段で比べるなら、コープデリが有利と言えるでしょう。

 

コープデリとパルシステムの野菜・コープデリは国産野菜、JA(農協)の野菜、不揃い品や増量規格を取り扱い

コープデリは、国産中心の野菜、農協の野菜を扱っています。(国産以外も扱っているということです)。

 

有機野菜にはオーガニック専用カタログ「ヴィ・ナチュール」あり。

 

コープデリは、「スーパープライス」という特売品の設定や、旬の野菜がまとめて安く買える「グリーンBOX」、不揃いきゅうりや、不揃い人参、増量規格など、値段を安くするための仕組みが豊富です。

 

コープデリとパルシステムの野菜・パルシステムは産直野菜やコアフードなど農薬・化学肥料減の野菜あり、グリーンボックスで安く買える

パルシステムは、エコ・チャレンジ、コアフードと栽培基準に沿って「有機」「農薬・化学肥料減」が選べるようになっています。農家と直接「産直協定」を結んでコストカットを図っています。定期的に組合員が産地を訪れ、生産方法や安全性確認を行う「公開確認会」が実施されています扱う野菜は国産産直野菜のみ

 

コアフードは、化学肥料を使っていない分、葉物野菜では特に「えぐみ」が少ない。

 

また、「グリーンボックス」という旬の野菜が種類指定不可だけど安く買える仕組みあり。

 

コープデリとパルシステムの商品を比較

続いて、具体的にコープデリとパルシステムの商品を比較していきましょう。

 

コープデリ
★★★★★

パルシステム
★★★★

コープデリ商品数
5,000点以上
COOP品、市販品の種類が充実

パルシステム商品数>
2,000点以上
パルシステムPB(オリジナル)品、市販品、COOP品

 

コープデリとパルシステムの商品・コープデリは品数が5,000点以上。パルシステムは2,000点以上

コープデリでは、スーパーでも扱っている価格優先の商品も扱っています。「商品を選べる幅が広い」んですね。

 

吉野家の牛丼など、有名ブランド品を生協仕様に原料、調味料などを調整したものもあります。

 

コープデリは、品数を多くして「選べる自由」を優先させていると言えるでしょう。

 

パルシステムは商品数非公開ですが、カタログ掲載数を数えると2,000点以上あります。
生協仕様品、市販品以外にパルシステムのオリジナル品(プライベートブランド・PB品)が多いです。
パルシステム カタログ
▲パルシステムカタログ記載の商品

 

パルシステムプライベートブランド(PB)品と、パルシステム基準に合致したCOOPブランド品と市販品をを扱っています。

 

カタログを見る限り、COOPブランド品(どの生協でも扱える)は多くありません。
オリジナル品が充実してると言えますね。

 

パルシステムでは、商品を厳選している分、取り扱い品目が少なくなっています。

コープデリとパルシステムの商品・牛乳

コープデリ
★★★★

パルシステム
★★★★★

コープ牛乳(UHT殺菌)
低温殺菌牛乳(LTLT殺菌)
よつ葉北海道十勝生産者限定牛乳(HTST殺菌)

こんせん72牛乳(HTST殺菌)
酪農家の牛乳(HTST殺菌)
いわて奥中山高原の低温殺菌牛乳(LTLT殺菌)
かまぼこなど練り物にリン酸塩不使用
国内初、漁協で公開確認会を実施

 

牛乳の殺菌方法には3種類あります。

  • UHT殺菌 120度で2~3秒殺菌 値段が安い
  • HTST殺菌 72度で15秒殺菌 牛乳の風味が残る やや値段は高い
  • LTLT殺菌 63度以上で30分 搾りたての味わい、しかし値段は高い

 

日本で市販されている9割は、安いUHT殺菌の牛乳。殺菌能力が高いのですが、牛乳のたんぱく質が変化して、味が変わってしまいます。具体的にはどの牛乳も似たような味になってしまいます。
HTST殺菌やLTLT殺菌などの、低温での殺菌は、コストもかかり、人間に有害な菌のみを殺菌するため、本来の牛乳の味が残ります。しかし、賞味期限がやや短くなるというデメリットもあり。

 

パルシステムでは、UHT殺菌の牛乳を扱っていません。

コープデリとパルシステムの商品・魚・魚加工品

魚・魚加工品は甲乙つけがたい 安全面でパルシステム一歩リード。

コープデリ
★★★★

パルシステム
★★★★★

骨抜き切り身
エビなどバラ凍結品
MSC認証

骨抜き切り身
エビなどバラ凍結品
MSC認証
かまぼこなど練り物にリン酸塩不使用
国内初、漁協で公開確認会を実施

 

基本的に甲乙つけがたいです。

 

加工過程で中骨、腹骨、小骨を除去する「骨取り切り身」や、くっつかないので少量づつ買いやすいエビなどのバラ凍結品があります。

 

また、持続可能な漁業に配慮した、海のエコラベルと呼ばれるMSC認証品の取り扱いもあり。

 

品数はコープデリが多く、パルシステムは安全面で一歩先を行っている印象。

 

特にパルシステムが北海道の野付漁協に対して実施した公開確認会は、国内初の試み。
(ほとんどの漁協は、立入検査のような形で外部の人間が入るのを嫌がるようです)

 

「野付漁協公開確認会」を開催 持続可能性への配慮と協同の精神を確認

 

コープデリとパルシステムの商品の豚肉 米飼料の豚肉

豚肉は、甲乙つけがたい お米育ち豚VSこめ豚 肉の品質で、パルシステムがややリード。

コープデリ
★★★★

パルシステム
★★★★★

お米育ち豚
産直若鶏
インターファーム産など

日本のこめ豚
産直鶏
コアフード牛

 

コープデリ、パルシステムともに国産の米を配合した飼料で育てた豚肉を販売しています。

 

コープデリのお米育ち豚は、飼料に国産の米を15%配合、
パルシステムの日本のこめ豚は、原料に国産米を30%配合しています。

 

なぜそんなに競うようにお米を活用しているんでしょうか?
お米を飼料に配合して育てると、「脂が甘くなる」「臭みがない肉になる」のだそう。

 

米を飼料に使う飼育方法は、卵などにも使われていて、「CO・OP稲穂のみのりたまご」などは、飼料に10%の国産米を配合しています。

 

パルシステムのコアフード牛肉は、国産飼料100%で育てられています。(値段を抑えるため、予約登録が必要となっています)
飼養のストレスを軽減し、健康な牛を育てることを目指しています。

 

コープデリの鶏肉の産直産地は、ブライフーズやマルイ食品(青森、鹿児島)などあり。

 

なお、お肉のベストセラー商品は、くっつかない状態で凍結した「バラ凍結のひき肉」です。
使いたい分だけ使える使い勝手の良さが人気のようです。

 

コープデリとパルシステムの商品の宅配弁当

コープデリとパルシステムの宅配弁当はどちらも同程度。デイリー配達の配達地域の広さでコープデリがやや優位。

コープデリ
★★★★★

パルシステム
★★★

コープデリ 弁当宅配地域
東京、栃木、茨城、群馬、埼玉、千葉、長野

パルシステム 弁当宅配地域
千葉

 

生協の宅配弁当は、「とびきりウマイッ」というものではありません。

 

だけど、デイリー配達(毎日配送)してくれるので、産前産後の食事にとても便利なんですね。

 

「食事の支度がしんどい…」、という時期に、お手頃価格でヘルシーな食事を食べたいときにちょうどいい。

 

「手渡し時の様子を注文者に知らせる」というサービスがあるため、一人暮らしの高齢者、遠くに住む老齢の両親向けに、見守り目的もかねて利用されるケースも有り。

 

コープデリには、「エネルギー・塩分調整食」があり、パルシステムには保存が効く「冷凍おかず」がある。

 

コープデリの夕食宅配についてはこちら。
コープデリの夕食宅配の評判 生協宅配の舞菜弁当

 

パルシステムの宅配弁当は実際に食べてみました。

 

 

生協以外の冷凍弁当サービスはこちら。

 

 

コープデリとパルシステムの商品のミールキット

コープデリとパルシステムのミールキットは、コープデリが安いが量が少ない パルシステムは食材未カットの時短セットあり。

コープデリ 料理キット
約30種の料理キットが選べます。
カット済み食材+タレのセット。

 

主菜+一品で、値段は598円~1,480円。

パルシステム 料理キット
27種の料理キットが選べます。
カット済み食材+タレのセット。

 

主菜のみで、1食693円~1,120円。

 

食材未カットの「我が家の常備菜」「3日分の時短セット」もあり。

 

下ごしらえなしで、野菜たっぷり料理の時短ができる、人気のミールキット(料理キット)。

 

コープデリの方が、安い商品を選べますが、量が少ないという声あり。
パルシステムは、ある程度の包丁作業が発生するのがデメリット(夫や子どもに作ってもらう時に)
一長一短ありです。

コープデリとパルシステムの安全基準を比較

商品の質はどうなんでしょうか?

 

商品の質=安全面のこだわりだとすると、パルシステムが有利になります。

 

コープデリ
★★★

パルシステム
★★★★★

コープデリ 添加物基準i
必要な添加物は使う、必要ない添加物は使わない?

パルシステム 添加物基準
化学調味料不使用
国認可添加物の1/4を禁止
添加物全表示

 

どちらもカタログに、添加物は記載しています。

 

添加物の記載例)
リン酸塩、増粘剤、カラギナン、亜硝酸Na、調味料(アミノ酸)、ソルビン酸、発色剤、香料、
消泡剤(豆腐用)、
イーストフード、マーガリン、ショートニング、乳化剤(パン)

 

コープデリとパルシステムの添加物基準

コープデリの添加物に関する方針は、「なるべく使わないけど、使うこともあるよ」という感じで、わかりにくいです。明確な基準はない印象。

 

参考)食品添加物について|コープデリ

 

パルシステムの添加物基準は、「全品化学調味料不使用」

 

パルシステムは、食品衛生法で認可された添加物のうち、1/4を自主的に禁止、全品化学調味料は不使用。

 

法律(食品衛生法)では「条件を満たせば、添加物の表示をしなくていい」というルールがあるのですが、パルシステムでは、自主的に添加物全表示しています。

 

参考)パルシステムは食品添加物を削減します ~食の安全2018より~

 

完璧ではないけど、ある程度数字に出せる取り組みをしている印象を受けました。

 

パルシステムは、パンやウインナーなど食品ごとに添加物ルールを定めています。

 

  • 全食材に化学調味料不使用
  • 豆腐・納豆の大豆は100%国産大豆(遺伝子組み換えでない)
  • かまぼこなどの練り物は、リン酸塩不使用
  • ハム、ソーセージ、ベーコンには発色剤を使用しない

 

添加物を使っていたらダメ、というわけではありません。特定の添加物を排除した食材が選べるという点で、パルシステム優位ということになります。

 

コープデリとパルシステムの放射能安全基準

放射能安全基準は、パルシステムでは、国の1~10倍厳しく検査。

 

特に子どもが食べる食品は厳しく設定されています。また、放射能基準値以下でも、1ベクレルでも検出されたものは公表しているようです。

 

コープデリ
★★★

パルシステム
★★★★★

コープデリ 安全基準
政府基準に沿った検査

パルシステム 安全基準
政府基準の1~10倍厳しい

 

 

 

商品検査センターを設置して、検査を実施。放射能検査の公表は、パルシステムの方が正直な印象。

 

コープデリとパルシステムの安全基準・コープデリは政府基準どおりだが、検出表記がわかりにくい 園地指定栽培が選べる

コープデリは、「検出しましたが、基準の1/5以下」と表記。(2018年以前は、検出限界10ベクレル以下、検出せずと表記)

 

食品検査センターにて各種検査をおこなっています。自主基準や商品ごとの仕様は定めていません。

 

参考)検査項目|コープデリ商品検査センター|コープデリ連合会

 

また、以下の取り組みで安全性を高めています。

 

  • 無塩せき(発色剤不使用)のハムが選べる
  • 園地指定栽培の果物が選べる
  • 防カビ剤不使用の果物(グレープフルーツなど)が選べる
  • 飼料に配合された原料を確認して卵を選べる(カロチノイド、ビタミンE、アスタキサンチン、収穫後農薬無散布、遺伝子組み換えでない)
  • イーストフード、マーガリン、ショートニング、乳化剤不使用のパンが選べる

 

コープデリとパルシステムの安全基準・パルシステムは政府の1~10倍の厳しさ ひと目で検出値がわかる

パルシステムは、「5.4ベクレル検出されました。ただし、自主基準値内の数値です。」と表記。

 

パルシステムでは、遺伝子組み換え検査もおこなっています。「コア・フード」では家畜の飼料(エサ)を含めて、遺伝子組み換え原料0%を実現しています。

 

商品ごとに商品仕様書を作り、基準を定めて検査をおこなっています。

 

また、品質保証レポートを出していて、安全性を具体的に示しています。

 

参考)パルシステム 品質保証レポート 2018

 

具体的には、以下の取り組みあり。

 

  • パルシステムのPB(オリジナル)商品は、主原料に遺伝子組み換えを使用していない
  • 遺伝子組み換え品をカタログに全記載(GMO不衣装、GMO主原料不使用、GMO不分別)
  • ミョウバン不使用のお好み焼き粉、ホットケーキミックスが選べる
  • 国内2箇所のパンの直営工場保有、ショートニング不使用(トランス脂肪酸対策)のパンが選べる
  • ハム、ソーセージ、ベーコンの原料肉は国産。はsh速剤を使用しない無塩せき、化学調味料不使用。
  • 組合員が生産地に行って、詳細を確認・質問する公開確認会を実施
  • 野付漁業協業組合にて、国内水産産地初の公開確認を実施

 

特に加工品への化学調味料不使用の取り組みは、生協の中でもトップクラス。

コープデリとパルシステムの比較/カタログ

家族に意見を聞くなら、紙の資料を取り寄せてカタログを見せれば話が早いです。
机の上にカタログを並べて、比較してもらいましょう。

 

生協を検討する家族

 

コープデリのカタログ
ハピ・デリ

 

メインカタログは「ハピ・デリ」。離乳食カタログの「きらきらWEB for Baby」、特選カタログ「ぐるめぐり」、オーガニック食材「Vie Nature」、業務用大容量商品、衣類、日用品ほか多数。
食材カタログには、アレルゲン、産地、遺伝子組み換え(GMO)などの情報が記載されています。

 

急ぎの場合は、ネット完結での申し込みも可能。

 

店舗数、品数多く値段も安い。
利用者数は、355万人。

 

コープデリ

 

\粗品キッチングッズもらえる/
コープデリ 資料請求

パルシステムのカタログ
コトコト

 

メインカタログは「コトコト」。大人向けの「きなり」、離乳食カタログ「yumyum」、アレルギー対応食専用カタログ「ぷれーんぺいじ」ほか多数。
食材カタログには、アレルゲン、産地、遺伝子組み換え(GMO)などの情報が記載されています。

 

独自商品多く、安全性検査が厳しい
利用者数は、170万人。

 

パルシステム

 

パルシステム資料請求

 

公式サイトから資料請求で、最新カタログもらえます。(無料)

 

コープデリでは、紙のカタログ以外にWEBカタログにも対応。
ネット注文システム「eフレンズ」には、WEBカタログをポチると、そのまま注文できる機能が組み込まれてます。

 

他にも、紙カタログを見ながらスマホで注文したい人のために、商品の番号入力のみ対応した軽めのアプリを用意するなど、組合員の利便性を考えた対応をしています。

 

パルシステムでも、WEBカタログに対応。
さらに、パルシステムには、アプリのみで紙カタログなしの注文方式「タベソダ」が用意されています。

 

紙カタログが貯まらずに、使いたいときだけの「都度注文」ができるため、
「毎週注文するほど利用しないんだよね・・・」という人にもバッチリ。

 

ただし、タベソダと通常の週一注文は併用できない点と、タベソダだと注文できる商品数が少ないというデメリットがあるんですよね。
他の生協と併用したときの「ちょい使い」の場合には便利です。

コープデリとパルシステムの比較/価格が安いのは?

コープデリとパルシステムの手数料の違い
手数料は、どちらもあまり変わりません。

 

コープデリ
★★★★★

パルシステム
★★★★★

180円(税抜)~200円(税抜)
地域により異なる

180円(税抜き)~200円(税抜)
地域により異なる

 

コープデリ、パルシステムとも、地域により多少の差はありますが、ほぼ互角と言っていいでしょう。

コープデリとパルシステムの料金・コープデリは、送料の割引で有利 注文回数が少ない場合はパルシステムが有利

コープデリ ほぺたん
特に妊娠中・赤ちゃん世帯への宅配料金割引が優遇される生協。
商品の品ぞろえが5,000点以上と多い分、安い品物も多数あって、生協の中では節約に向いています。

 

組合員数が多いため、各種サービスがこなれていて、スーパーを利用する感覚で使えます。
「家まで宅配してくれるから生協を使う」という人には、コープデリがベスト。

 

店舗があるので、実際にどんな食材か見て確認できる点もGood。

 

お試し入会して退会するのも簡単。

 

 

ただし、パルシステムにはタベソダという都度注文の仕組みがあり、1回あたりの送料は高いのですが、月一回程度だとパルシステムの方が安くなります。
コープデリは送料安いけど、毎週注文が基本なんですね。

 

コープデリとパルシステムの料金・コープデリはポイントがたまり、出資金(入会に必要)の増資に充てられる

 

入会金に相当する「出資金」関連で大きく違うのは、コープデリの「ポイント増資」
買い物で貯まるポイントを増資に回すことが可能です。

 

配当率自体はパルシステムの方が良いのですが、実際に増える金額を考えるとコープデリの方が上になります。

 

コープデリとパルシステムの料金・パルシステムは、地域生協の中ではそこそこ安い

パルシステム こんせんくん
宅配専門の生協で、妊娠中・赤ちゃん世帯への割引も結構良いです。
店舗がなくてやや不便なのと、取り扱い品数が2,000点程度なので次点で。

 

おためし入会して、退会するのが簡単。

 

 

コープデリとパルシステムの料金・パルシステムはクレジットカード支払い可。

パルシステムには、クレジットカードで支払いができるというメリットがあるため、クレカのポイントを貯めることができるんですね。
クレジットカードで支払いができる生協は珍しいです。

 

コープデリとパルシステムの価格の違い

コープデリとパルシステムの価格の違い

 

コープデリは、特売品の「スーパープライス」や、不揃い野菜を安く販売するなど、値段を下げるための工夫がされています。

 

取扱商品には3種あります。スーパーでも売ってる「一般の商品」、生協でのみ扱っている「COOPブランド」商品、特定の生協でしか買えない「プライベートブランド」商品の3種です。

 

コープデリ、パルシステムで扱いがかぶる「COOPブランド品」は、同じ商品でも値段に多少の差があります。

 

コープデリ
★★★★

パルシステム
★★★

コープデリ 価格
スーパーなみに安い

パルシステム 価格
ややお高い

 

  • コープデリは幅広い価格帯の食材を揃えているため、「安く買う」ことができます。
  • パルシステムは、一定以上の品質をキープしているぶん、お値段も高め。

 

コープデリは安い市販品も扱っているため、価格勝負では圧倒的有利。

 

コープデリ・パルシステムともに扱っているCO-OPブランド品はどうなんでしょう?

 

実は、パルシステムではCO-OP品を殆ど扱っていません。コープデリで扱っているCOOPブランド品は、意図的に扱いを避けているようにも見えます。

 

カタログを隅から隅まで眺めて、3品のダブリが見つかったので比較してみましょう。

 

コープデリ パルシステム COOP品値段比較

 

価格差はありますが、20円ほどです。

 

コープデリとパルシステムの価格・コープデリは、スーパーセール品が多い

パルシステムのメインカタログ「コトコト」記載のCOOPブランド品を、コープデリでの価格と比較してみました。

 

コープデリとパルシステムCOOPブランド品値段

 

値段の差は20円ほど。あと、意外と同じ商品は扱ってない。

 

コープデリとパルシステムの価格・コープデリは低価格品もあり

コープデリ カタログ
▲コープデリカタログ記載の商品

 

コープデリでは、CO-OPブランド商品に加えて、市販品も取り扱っています。トータル5,000点以上の商品を扱っていて、スーパーなみの品揃えです。
そのため、高級品、安い品を選べるんですね。

 

生協の基準に合わせた商品を「生協仕様」と言うのですが、一部市販品の、原材料や添加物を変更した「生協仕様品」があります。

 

CO-OPブランド商品は4,160品。レギュラー商品(市販品) 952品、環境配慮したエシカル消費対応品 557品、品質こだわりのコープクォリティ 67品、きらきらステップ(子育て世帯用) 13品があります。

 

コープデリとパルシステムの価格・パルシステムは低価格品が少ない

パルシステムは、取扱商品を基準に沿って厳選しています。
農作物などは、栽培計画書を産地と取り交わし、誰がどう作る予定かたどれるようになっています。(トレーサビリティ)

 

一部「わけありみかん」や「天候被害果りんご」、同時に買うと割引になる「一緒お得」品、まとめ買いで安くなる「よりどりお得」品の設定など、価格を下げる工夫はされていますが、「少しお得」程度にとどまっています。

 

パルシステムは、「どれを買ってもそこそこ安心」という点を優先させていると言えるでしょう。

コープデリとパルシステムの比較/どっちがおすすめ?

コープデリは利便性を前面に打ち出している生協、パルシステムは安心・安全+利便性のバランス型生協です。

 

便利で安いのが好みならコープデリ。
安心・安全と便利さのバランスで行くなら、パルシステム。

 

結局どちらかに決めきれない…というあなたは、資料請求でカタログをもらって家族の意見を聞くのもよいでしょう。

 

生協を検討する家族

 

公式サイトから請求でカタログもらえます。

 

コープデリ

355万人以上参加の、巨大生協…

 

\請求は無料/

↑ キッチン用粗品もらえる ↑

 

パルシステム

170万人以上参加、都度注文もできる…

 

\請求は無料/

↑ 人気商品1品もらえる ↑


 


関東地方

 

関西地方

page top